役割に応じた設計

IT部門では、これまでほとんどの人が活用できないデータを収集してきました。LANDESK Workspacesは、ユーザーそれぞれのワークスペースに応じたITデータ及びツールを提供するために、役割に応じた設計になっています。ユーザーは、それぞれの業務のワークフローに沿った形で働けるようにすることで、生産性は大きく向上します。

直感的なユーザー体験

LANDESK Workspacesは、あらゆるデバイスから一箇所にアクセスすることで、アプリストア、ダッシュボード、ワークフロー、及びアクションへ網羅的にアクセスできます。これはユーザー体験の設計としては最先端のものです。見た目だけでなく、可視化されたデータ及びそれぞれの役割のワークフロー内におけるアクションに向けたアプローチを提供します。

役割によって異なるニーズに合わせたユーザー体験を提供

全ては、役割及び、それぞれが業務を迅速に完璧にこなすために必要なことを最優先で提供します。LANDESK Workspacesはグループやユーザータイプ、デバイスを特定するために、Active DirectoryやLANDESKのソリューションを利用します。ユーザーやデバイスといったそれぞれの細かい情報に焦点を当てることができます。

企業証明をセキュアに

ワークスペースの認証は企業のActive Directoryのログイン情報に紐付けられるため、パスワードを分ける必要がありません。

ITを利用するキーとなる人のためのワークスペース

ITアナリストや資産管理マネージャー、セキュリティ管理者のようなキーとなる役割の人にとっては、情報及びサービスにリアルタイムでアクセスできることが必要です。ITに関わる経営層は、ITパフォーマンスの幅広い視点からの情報及び、組織におけるセキュリティ状態の全体像、IT及びROIがビジネスの成功にどう貢献しているか理解する必要があります。