ITアナリストのための統合されたデータ及びアクション

全てのサービス管理の業務は同じように設計されているわけではありません。一部はユーザーから上がってくる問題の解決、一部はユーザーからのリクエストや変更/修正を管理するなど。しかし、それらが全て揃うことによって、社内オペレーションはより一貫した高いレベルのものになります。

ITアナリスト向けのLANDESK Workspacesによって、サービス管理の業務に良い影響を与え、またエンドユーザーは必要なデータをストリーミング、統合し、必要に応じてIT分析ツールを活用することで、よりポジティブに業務を行うことができます。

ITアナリスト向けLANDESK Workspacesの概要

ITアナリストは、ITのオペレーションを形成する重要な役割を担っています。

ITアナリストよりも、ITに関する情報やツールを利用する人はいません。彼らは、どのデバイスをユーザーが利用しているか、そのデバイスでどのアプリケーションが使われているか、それぞれのデバイスで過去何が起きたか、といった、システムに関するあらゆる情報を必要しています。これらに加え、エンドユーザーの生産性に影響を与える、若しくはサービスのパフォーマスに影響を及ぼす、システム全体の変更などの情報も必要とします。

LANDESK Workspacesの果たす役割や、データをどのように統合するか。詳細についてはホワイトペーパーをご覧下さい。体験できる内容は共通ですが、アクションは役割に応じたものであるべきです。

ホワイトペーパーをダウンロード

より関連性の高いデータを活用し、インシデントを解決しコントロール

ITアナリストチームの中で、インシデントは優先順位が高く、それぞれのユーザーから報告されるインシデントに対し、当事者意識を持って取り組む必要があります。それぞれのアナリストの役割に応じ、ユーザー情報及び彼らに紐づいているデバイス情報を閲覧することができます。インシデントを解決するために必要なデータや詳細はドリルダウンで閲覧ができ、またWorkspace上でユーザーのデバイスをリモートコントロールすることが可能です。

一度で確実にリクエストに応える

レベル1・2のサポートのアナリストはすぐにユーザーへアプリーションを配布する必要があります。ユーザーの役割やデバイスを把握することにより、それぞれのリクエストをWorkspaceを通して解決することが容易になります。コンソール画面を行ったり来たりする必要はありません。

ITサービス管理のプロセスをより直感的なものにします。

ITアナリストはインシデントやリクエスト、Workspace内での変更等のサービス管理のプロセスに則り対応することができます。ITアナリストやITサービス管理の担当者のみが、必要なプロセスやプロセスに対するアクションを可視化することができます。