何をするべきか、示唆となるアクション

役割に応じたワークスペースの画面上で閲覧できるITデータに応じてすぐにアクションを起こすことが重要です。ダッシュボード画面や他のシステムを行ったり来たりすることなくタスクを完了することができます。

アクション及びツールをサポート

ユーザーは、自身の問題解決や、インシデントサポートなどの際に、セルフサービスへアクセスすることができます。ITアナリストがユーザーのシステムやデバイスに問題を発見した場合、利用可能なツールやアクションを活用できます。セキュアなリモートコントロールや、1対1のソフトウェア配布、サービスリクエストへの対応などのツールが組み込まれています。

プロセスに応じたアクション

それぞれの役割に応じたワークスペース内においてITプロセスを合体させ、ユーザー体験を創出。またビジネスを中断させる要因を排除。フォームもしくはリクエストを記入するなどの、プロセスに応じたアクションはワークスペース内の体験に組み込まれ、マネージャーの承認のような他のアクションにリンクします。

リソース管理

LANDESK Workspaceのダッシュボードでは、データをドリルダウンで検索することができ、法的な根拠を提示できます。あなたのワークスペースをクリックもしくはタッチするのみで、ソフトウェアライセンスを返却でき、他のITリソース管理機能として利用できます。ダッシュボード内でアクションを起こすことができ、資産管理コストの節約をどれほどできるか見ることができます。