IT資産管理者向けに可視化されたデータ

IT資産管理者は、自社が何に対してコストを払って、何を使っているのか把握する義務があります。彼らは、全てのソフトウェア及びハードウェアのオペレーションをトラッキング・維持しなければなりません。LANDESK Workspaces for the IT Asset Managerはこの要件を全て満たすことができます。コンプライアンスの遵守状況をモニタリングし、ソフトウェアライセンスの最適化、どれをどのように再利用するかであったり、単一のダッシュボード上でハードウェアのリフレッシュが必要なものを提示します。

Workspaceのデモ画面についてはこちら

御社の資産管理戦略を促進

効率的なソフトウェア及びハードウェアの管理ツールは、ROIにすぐに反映されます。しかしながら、全体の22%しか正確なソフトウェアライセンスを把握していません*.これは78%の企業・組織において、IT資産を管理できていないことによる、膨大なコストが発生していることを意味しています。最新のLANDESK IT Asset Management (ITAM) Suiteでは、Asset Manager Workspaceが追加され、どの資産を社内で保有し、それがどこで誰にどのように利用されているか、またパフォーマンスはどうかといった、ビジネスにおける意思決定に必要な情報を提供します。

コンプライアンスに準拠できていますか?

*Gartnerによると、企業は毎年、監査を受ける機会が70%はあると想定しています。

一目で御社のコンプライアンスの遵守状況をモニタリングすることができます。御社にどの資産があり、それがどこで利用され、パフォーマンスはどうかといった適切な情報を適切なタイミングで提供することにより、ソフトウェア監査にすぐに対応することができます。

コストの節約はできていますか?

*80%の企業がソフトウェアライセンスを払いすぎています。

御社の資産に関する適切な情報は、ソフトウェアの最適化や未使用のライセンスの返却申請、ベンダとの交渉材料となります。これによりライセンスの過剰購入を防ぎます。

ライセンスは最適化されていますか?

*ITマネージャーの52%はソフトウェアが正しくライセンス交付されているか把握していません。

ライセンスを最適化するため、ソフトウェアの利用情報をリアルタイムで見ることができます。デバイス名やソフトウェアの最終利用日時、ローンチの回数や利用期間など特定の情報についてもドリルダウンで閲覧することができます。

次はいつリフレッシュするか?

*ハードウェアの障害は、データロスやシステムのダウンタイムの53%を占めています。

ハードウェアをいつリフレッシュすべきかを把握することにより、メンテナンスコストを最小限に抑え、システムのダウンタイムを減少、B2Bコネクタにより、ベンダ情報をトラッキング・メンテナンスしハードウェアにかかるコストを抑えることができます。