BYODによるユーザーのIT活用

ユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、セキュアなモバイル環境を実現

Mobile Security SuiteによるBYOD紹介動画

成功するBYODへ

個人デバイスのビジネス活用は急速に広まっています。スマートフォンやタブレットの業務活用によって生産性は向上し、社内システムへいつでもどこからでも、すぐにアクセスできます。そのため迅速な意思決定を実現し、ビジネスにおけるPDCAのスピートを早めます。しかしモバイル管理の視点では、個人のデバイス活用から、いかにデバイス上の社内情報をセキュアにするかが重要なポイントとなってきました。ITの活用によって、ユーザーのプライベートな情報を守りつつ、社内の情報セキュアに保ちながら、BYODを実現できます。

Mobile Security Suiteのデータシートダウンロードはこちら

BYODを成功に導くキーポイント

デバイス管理に集中するのではなく、ユーザーがアクセスする社内コンテンツを守り、何が起きているかに集中することが重要です。

LANDESKのエンドユーザー向けWorkspacesにより、ユーザーはITサービスをより手軽に利用できるようになります。

LANDESK Workspacesにより、IT部門はモバイルやデスクトップのプラットフォームへ、エンドユーザーのニーズに合わせて、より柔軟にITサービスを提供することができます。

一つのユーザーポリシーを全てのデバイスへ適用。新入社員の入社時のデバイス手配をより簡単に。

ユーザーのモバイルエクスペリエンスを損なうことなく、社内情報をセキュアに。

モバイルデバイスの管理を別システムで行う必要はありません。ユーザーが持ち歩く全てのデバイスに、一貫したポリシーを適用することができます。

Mobile Security Suite chalk talk

企業内のデータを保護し、かつモバイルユーザーの生産性を促進

UEM(統合エンドポント管理)/Mobile Security Suiteホワイトペーパー

エンドポイント管理は

社用メールを、ネイティブメーラーと同様に利用可能

導入事例 – AlliedBarton Security Services

AlliedBartonは、LANDESKのソリューションにより、全てのデバイスのインベントリおよび管理を実現。オペレーティングコストを削減しています。

エンタープライズモビリティを実現

Mobility Managerを導入した担当者の声はこちら