無駄なソフトウェア購入を防ぎ、コンプライアンス遵守を実現

ソフトウェアベンダーライセンスのコンプライアンス遵守は、ビジネス及び法的な責務を果たす上で重要なキーとなります。ソフトウェアの過剰発行や、ベンダーからの重い罰金を避けるため、ライセンスの過剰購入がしばしば起こります。LANDESKのソフトウェア管理機能は、ソフトウェア監視機能やソフトウェア監査ツールを包括的に提供し、必要以上のライセンスを購入していないことを保証。ベンダーとのライセンス交渉やコストのコントロールなどに有効な情報を提供します。

ソフトウェアの利用状況や位置情報を監視

どのソフトウェアが誰に利用されているか把握できます。ライセンスの所有状況を、部署・部門含め横断的に把握できるため、ソフトウェアの購入履歴を簡単にトラッキングし、入金取り消しを可能にします。

ライセンスの再利用を自動化

利用されていないライセンスを把握し、他の人へ自動的に再配布します。特定のユーザーは再配布の対象外にするなど、設定はカスタイマイズできます。

承認されたソフトウェアを明示

どのアプリケーションがライセンス発行され承認されたか把握でき、コーポレートのガイドラインに則った利用を行っているかレポーティング。またLANDESK Security Suiteに含まれているアプリケーションコントロール機能を活用することで、セキュリティ及びコンプライアンスに則って、特定のアプリケーションをロックダウンすることができます。

導入当初の3ヶ月間、このソリューションを活用し、自動的に利用されていないライセンスを検知、除去することによって、ライセンス料を958,000ドル削減できました。

George Leonard IT Asset Manager, Sealed Air Corporation

ソフトウェア資産管理(Software Asset Management,SAM)-Part1

ソフトウェアライセンス削減及び監査対策のための5つのステップ

ソフトウェア資産管理(Software Asset Management,SAM)-Part2

ソフトウェアコンプライアンス監査対策

ソフトウェア資産管理(Software Asset Management,SAM)-Part3

ビジネスにおける問題を解決するためのソフトウェア資産管理