システム停止の回避

リアルタイムなアラート及び監視機能により、稼働時間そして生産性を最大化します。ユーザーの利用しているシステムの正確な状態を即座に評価し、すぐに対処できるよう、一定の閾値に達するとアラートを発します。断続的かつリアルタイムなデータによって、より質の良い、正確な情報に基づいた判断ができます。

閾値の設定

パフォーマンス閾値を設定し、アラートを送り、ログファイルを生成し、自動的にアクションを起こします。閾値は、SMARTドライブのアラートやメモリーエラー、パフォーマンスモニターハードディスクのモニタリング、パフォーマンスモニター計測に関連した数値を含むことができます。

健全なシステム

システムの稼働状況を一目で把握でき、ドリルダウンで情報を引き出すことができます。システムの稼働状況に応じて、90%は”警告”95%は”致命的”など閾値のレベルを設定することができます。過去のアラートログを残せるので、プランニングの際にシステムの状態や能力を分析することができます。

アクションの発動

アラートによってプログラムの実行やSMNPトラップの送信、IT管理担当者へメールなどのアクションを発動することができます。

監査人がやってきて、PCIコンプライアンス遵守のために必要な他のアプリケーションと同様に、自動的にパッチ展開やアンチウィルスソフトウェアを最新に保つソリューションを我々が使っているのを見て、全てがぜんまい仕掛けのおもちゃのように自動的に行われスムーズに監査を完了できた。

Michael Driver Senior Technical Analyst, Discount Tire Company