導入時から資産データを管理

購入時から、御社のIT資産を自動的に検知します。企業間連携によって、クラウドからベンダや製造元のデータや保証情報を取得し、より正確なインベントリ取得のために、御社のIT資産情報を拡充することができます。

”企業間データ連携”の機能紹介動画はこちら

ベンダ連携

CDWやMicrosoft、Adobe、Apple、Verizon Wirelessのようなベンダから自動的に、ソフトウェアやハードウェアの購入情報をインポートし、IT資産情報を形成します。

製造業者連携

DellやHP、Lenovo、IBM、Apple、Gatewayなどのハードウェアメーカー向けにコネクターを利用することで、ハードウェア製造元のWabサイトから、直接保証情報をインポートし,資産情報を拡充いたします。

企業内連携

SCCMやLANDESK、Bigffix、JAMF、Airwatch向けなどのコネクターを利用することにより、社内システム管理ソリューションから直接データをインポートします。

サービス情報連携

IT資産のライフサイクルを通して、サービス情報をインポートし、御社のIT資産情報に追加することができます。